09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.08/12(Sun)

ナルニア国ものがたり C.S.ルイス



2000年11月刊 岩波少年文庫 8月11月読了

戦時下の英国、田舎のお屋敷に疎開したピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの兄弟姉妹が不思議な世界ナルニアに迷い込む。そこは邪悪な魔女に支配され、終わることのない冬の世界だった。そこで兄弟たちは偉大なるライオンのアスランに導かれ、物言う動物やフォーン、よき巨人、妖精たちと力を合わせて魔女と戦う。(『ライオンと魔女』)

いうまでもない、英国ファンタジーの名作。不思議な世界ナルニアがアスランによって作られ、冬の時代を乗り越え、繁栄を誇り、最期に滅亡してしまう壮大な物語。
初めて読んだのは小学校の図書館で。その後も何度か読んでいるはずなのだが、今回またシリーズ全作を読み返し、そのおもしろさに改めて感動。特にナルニア滅亡の『さいごの戦い』を読んで、キリスト教的な解釈は別として、自分のなかで理解でき、受け入れることができた。子供も大人も楽しめる名作
スポンサーサイト
21:06  |  児童文学(国内)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://eddiescot.blog88.fc2.com/tb.php/41-9b2ba93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。